コラム 花の散歩道

花の散歩道

季節の花材やその由来、生け方などをご紹介するコラムです。参考になさってください。

秋のテーマは秋の七草です。


秋の七草

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」    (万葉集巻8第1537番)
「萩の花 尾花葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴朝顔の花」     (万葉集巻8第1538番 )

 山上億良(やまのうえのおくら)が万葉集で連続して詠んだこの歌2首が「秋の七草」の始まりです。春の七草が七草粥として食することで用いられてきたのに対し、秋の七草は花を見て楽しむものです。ただ秋の七草でも薬草として用いられてきたものもいくつかあります。 「尾花」はススキ、「朝顔」は平安時代にはまだ渡来しておらず、「ききょう」であろうとされています。


漢方としての秋の七草

根は咳止め、去痰、胃の痛み、下痢などに用いる。
ススキ 根茎を利尿薬として用いる。
根を葛根と言う。風薬で有名な葛根湯の主役。風邪の他 肩こりや神経痛などにも用いる。
撫子 漢方ではむくみや高血圧に煎じて飲む。
女郎花 消炎作用がある。
藤袴 糖尿病に効く。お風呂に入れてかゆみをとる。
桔梗 根は、昔から咳止め、のどの痛みの薬として有名。毒性があり多量では胃腸のただれ、下痢、嘔吐を起こす。
▲ページトップへ