花の散歩道

3月は「桃の節句」。女の子のいるご家庭ではお雛様を飾ったり、ちらし寿司や甘酒などでお祝いした子供のころを思い出す方もいらっしゃるでしょう。さて、今回は桃の節句にまつわるお話と桃についてご紹介します。


桃の節句

流し雛

平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体の穢れを祓って健康と厄除けを願いました。 この行事が後に宮中の紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」 と融合し自分の災厄を代わりに引き受けさせた守り紙のように紙人形を川に流す「流し雛」へと発展していきます。 室町時代になってこの節句は、3月3日に定着しやがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。

元々、ひな祭り、端午の節句も男女の区別はなかったようですが、江戸時代頃から豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、 逆に5月の場合は菖蒲を使うことから勝負にかけて武士の男の子のお祝いと分化していったようです。

雛人形

桃は長寿と繁栄のシンボルとされ、節句には古くは桃の花を愛でたり桃の花を浮かべた酒を飲んだりして楽しみ、桃の葉を入れたお風呂に入って無病息災を願いました。又、桃は、 古代から女性の性のシンボルともされ鬼や悪魔は桃に出会うと恐れをなして退散すると信じられていたことから魔除けの力があると言う考え方もありました。

「古事記」でイザナギノミコトが雷神から逃げる時に桃の実を3個投げつけたところ鬼が 逃げ帰ったと云う話や、「桃太郎」伝説で桃から生まれた桃太郎が鬼退治に出かける童話も 桃が女性のシンボルであるがゆえのことだと云われています。 因みに西洋では、リンゴが女性のシンボルになっています。 又、現在でも中国では、女の子がまれるとお庭に桃を植え、子供の成長を願っています。

立ち雛と菱餅

お供えに欠かせない菱餅ですが、赤い餅はくちなしが含まれていて解毒作用があり、白い部分は血圧降下作用、そして緑の餅のよもぎは造血作用があって昔の健康食品でした。 菱餅の形と言うのは心臓を形取ったものだと言われています。節句には桃の花を飾ってお祝いをしますが雛段には、桃は飾りません。「右近の橘」「左近の桜」と云ってタチバナとサクラを飾ります。