七夕

花の散歩道

七夕立花会(たなばたりっかえ)

古来から七夕に、牽牛、織女へ花を供えることから、室町時代に、七夕法楽として将軍家や公家の間で花合わせがさかんに催されるようになり、年中行事化したいけばなはその後広く普及を続け、これがいけばなの発展につながってきたとも言われています。


七夕の由来

陰暦の7月7日が七夕(ヒチセキとも呼びます)で五節句の一つです。
奈良時代に中国から日本に入ってきた伝説では天の川をはさんで輝く二つの星(牽牛星と織女星、 いわゆる彦星と織姫)は7月7日の夜にだけ再会することを許された夫婦だとされています。 そして、この二つの星を眺め祭壇に針などを捧げて工芸の上達を願う習俗がありました。 この中国渡来の習俗と、もともと日本にあった、棚機女(たなばたつめ)という巫女が、 水辺で機を織って神様を迎える伝説から行われる農民の「禊・みそぎ」の行事とが混ざり合い 江戸時代には全国的に七夕という節句行事が行われるようになりました。

将軍家では城中に2本の笹竹を立て、5色の糸を張り渡し、色紙、短冊、 梶の葉に自作の歌や古歌を書いてつるし学芸の上達を願いました。 この5色の糸は「願いの糸」と呼ばれて、二つの星に願うと3年以内に願いが叶うと言われていました。 葉竹は稲とともに正月の門松と同じく神の依り代とされ、短冊は四手(しで。 神事のシメナワに垂れ下げる紙)の変化したものとも言われています。

竹葉は古くから神の依り代とされ、悪魔、邪気を祓う神聖なものと信じられていました。 現在でも、お正月に門松に竹を供えて不浄を除き紙の降臨を仰いで無病息災、幸運を祈念します。 竹といえば、わが国最古の物語「竹取物語」が有名ですが、かぐや姫は竹の幹の空洞(竹のフシとフシと間) の神の霊威がこもる空間で育ったとされ、同様の民話が東南アジアに広く分布しています。

竹は水揚げが悪く葉がすぐに変色して巻いてしまうので特別の水揚げをします。
方法はさまざまですが、竹の一番下の節(ふし)だけ残し、上から鉄棒のようなもので節を貫通させ、 上から塩湯を注ぎ、紙、脱脂綿などで栓をして全体を湿らせた新聞紙で包んで風に当てないようにする方法が一般的です。