コラム 花の散歩道

花の散歩道

秋の七草

「秋の野に 咲きたる花を指折り かき数ふれば 七種の花」
「萩が花  尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 又 藤袴 朝顔の花」

〜 万葉集  山上憶良〜



萩の語源には色々ありますが、毎年古い株から芽を出すことによる「生芽」(はえき)が転じたとする説が一般的です。ハギには神経を落ち着かせる効果があります。肝の機能が低下するとイライラしたり怒りっぽくなりますが、この花の「気」が滞った肝経の流れをスムーズにすると言われています。但し、水揚げは非常に悪く、いける直前に切り口を裂くかアルコールにつけ、葉裏にも水を打って深水につけておきます。
尾花(ススキ) ススキの穂が動物に似ていることから尾花と呼ばれています。お月見にススキを供えるのは、豊かな穂が実りの秋を連想させ、豊作を祈願したものです。又、乾燥させた根茎には利尿作用があります。水揚げは悪く野生のものを切ったら水切りをした後「お酢」につけると幾分 長持ちします。
葛花 根を日干しにしたものは漢方の葛根湯の主材として有名。葛粉として食用にも用いられます。
撫子 ナデシコはその可憐な姿から「頭を撫でて慈しみたい子」の意を表していると言われている。花の盛りは晩夏でトコナツ(常夏)の別名もあります。
女郎花 おみな」は女の意味でやさしい花をさしますが、茎や根には特異な腐敗臭があります。漢方では利尿、排膿に用いられ、むくみを取ります。同じ属(オミナエシ属)に、白い花をつけるオトコエシがあります。花言葉〜美人
藤袴 乾燥すると、クマリン、桜餅の香りがするので、中国の唐の時代には香草として用いられ、邪気を祓うため、身につけていたと言われています。又、解毒の薬草としても用いられていました。
朝顔(桔梗) 根にはサポニンと言う薬用成分が多量に含まれており喉の痛み、せき止め、去痰剤として用いられています。昔から武士に好まれていて、家紋に取り入れられたり、江戸城には「ききょうの間」「桔梗門」の名前もあります。水が下がって元気がない時は切り口を砕いて塩をつけた後、深み水につけておきます。
▲ページトップへ