コラム 花の散歩道

花の散歩道

花を長持ちさせるには…

花を長持ちさせる方法として、一般的な水揚げの方法と花によって違う特殊な水揚げの方法をいくつかご紹介します。





一般的な水揚げの方法

水切り 水を入れたボウルの中で根元を2,3回切る。「ばら」などのお花の首が垂れてくったりしている時は、新聞紙で全体をしっかり包みたっぷりはった水の中で水切りしてそのまま2,3時間つけておきます。
湯揚げ グツグツ煮立ったお湯の中に切り口2,3cmのところまでを10秒くらいつけて湯揚げし、その後たっぷりはった水につけておきます。
逆さ水 元気のない枝の全体を新聞紙で包み、花を下に向けて逆さまにして上からたっぷり水をかけます。その後も水の中に2,3時間つけて更に水切りします。


お花によって違う特殊な水揚げ法

こでまり、雪柳、菊など ハサミを使うより、水の中で茎を手で折って枝のささくれた部分を多くしたり、根元をハサミや金槌で叩いて砕き、水に触れる面積を広げます。
ライラック 茎の根元の皮をハサミで削って、切り口の中心にある白い芯を除きます。
アジサイ 水切りした後、根元に「みょうばん」をすり込みます。
ススキ 水切りの後、根元にお酢をつけます。(お酢の中で直接切るのが一番良いが、ハサミが錆びてしまうので、根元だけお酢につけるだけで良い
イタヤもみじ 鉢などから切ったら直ちに、根元の皮をそぎ、ブランデーなどのアルコールに数秒、つけておく。(アルコール度数は高いほうが効果が高いと言われている)

▲ページトップへ